青木祐輔  プロフィール

青木 祐輔  Yusuke AOKI

創形美術学校版画科卒業。2000年よりグラフィックデザイナーとしての活動を開始。CDジャケットなどのアートワークの他、富山県利賀芸術公園で行われる利賀フェスティバルのパンフ・チラシデザイン、ク・ナウカ『マハーバーラタ』等のチラシデザインを手がける。

2004年に、舞台美術家としての活動を開始。これまでにジャンカルロ・ナンニ演出『カモメ』、仲田恭子演出『ぼくらが、非情の大河をくだる時』等で舞台美術・宣伝美術を担当、こまばアゴラ劇場でワークショップを行うなど、多方面で活動。2010年6月には、静岡芸術劇場で初演の『若き俳優への手紙』(演出:宮城聰、作:オリヴィエ・ピィ、日本語台本:平田オリザ)に一般公募より選出される形で関わり、舞台美術デザイン・映像を手がけた。

AAPAには、2008年3月に『PAPERGATE』で照明美術として参加。以降、AAPAの新作作品の全てに、美術として参加している。

blog >>> [FLUX]

Copyright (C) 2004-2015 AAPA. All Rights Reserved.