4/1 今日、考えていること

4月になりました。2ヶ月振りにブログを書きます。

先日の東日本大震災が起きたとき、自分たちはアサヒ・アートスクエアで、JCDN「踊りに行くぜ!!」Ⅱの東京公演直前の準備をしていました。幸いなことに、この公演に関わっていたひとが地震によって怪我をするといったことはありませんでした。ただ公演は、3/11,12の両日ともに、中止になりました。

それからの数日間、日を追って被災地の状況について、TVやネットが流す情報を受ける量が増していき、関東でも計画停電や物資輸送の停滞・節電などに伴う、日々の変化がありました。

被災地の現状については、ただTVやネットが流す情報を受けるだけです。被害にあわれた方のご冥福を祈り、そして被災地で暮らしている方の生活が少しでも早く良くなって欲しいと思います。ですが、現地の何を知っているわけでもないです。実感といえるものは足りません。

一方で今回の震災の影響は、これから具体的に広がってくる、と感じさせる出来事も起きています。実感といえるものを感じるときが、これから先にあるように思います。

今はそのことを静かに感じているわけですが、同時に地震が起きた日の前から自分のなかにあるものは、今も変わらず残っています。それは当たり前なのに、なくなったように、忘れたように自分がなっていることがあるかもしれない。

それがはっきりと見えているわけでもないですが、そのことを今はよく考えています。

2011年04月01日(金)

Copyright (C) 2004-2015 AAPA. All Rights Reserved.