ソロ・ワーク

コンテンポラリーダンスの「リリーステクニック」をベースに、
からだの構造に意識を向ける「型」の動きを通じて、全身のつながりを見つけ、
からだの内側の流れを感じながら動くことに取り組む内容です。

「リリース」には「放す」という意味があります。
からだの動きを妨げている余分な力をぬき、『柔らかに流れるからだ』を目標に、からだにあるうごきを丁寧に見つめなおしていきます。

テーマ・内容

からだを丁寧にみつめていくボディワークからはじめ、コンテンポラリーダンスの
「リリーステクニック」と「コンタクト・インプロビゼーション」をベースにした
ワークを行っています。

各ワークの内容はAAPAのnoteのコラムにて今後記事を書いていきます。

触れる

揺する

ゆだねる

脱力

呼吸

骨の運動

重心

足裏の感覚

ワークポイント動画

クラスで取り組むワークのポイントを紹介する動画を、今後AAPAのnoteなどで公開していきます。