CIワークショップ

コンタクト・インプロビゼーション(Contact Improvisation / CI)は、アメリカで1972年にスティーヴ・パクストンが考案したダンスのテクニックです。

「コンタクト=触れる/つながる」を通じて人とからだで接しながら、その時に生まれた感覚や流れにのせて動いていくことで、からだの繊細な感覚とダイナミックな動きの両方を楽しめることが特徴です。

海外では様々な場所でCIのフェスティバルが行われ、ダンサーやパフォーマーだけではなく趣味として楽しんでいる人も多くいます。

講師プロフィール参加予約

ワーク内容

日の出町団地スタジオのCIワークショップは、CIの基礎になる動き方を、
①触れる ②ゆだねる ③支える ④移動する の4つのポイントから紹介していきます。

触れる

ゆだねる

支える

移動する

日程・料金・予約
(事前予約制)

日程:4/4(日), 11(日), 18(日), 25(日) 15時~17時(ジャム:17時15分~18時15分)
料金:1回2時間 3000円 ※WS後のジャム(1時間)に参加の場合は+500円

現在スタジオでは感染予防対策を行いながらクラス・ワークショップを行っております。
参加の際は以下リンク先のご案内を確認してからお申込みください。
感染予防対策に関するご案内

関連記事

AAPA連載 VOL.3「ほぐして、つなぐ。からだを動かすコラム」
https://madcity.jp/aapa03/

有機農家の「織座農園」(長野/佐久穂町)でのワークショップレポート(2019.5)
https://note.com/aapa/n/nd8f7b11de9dc

中国/成都ワークショップレポート(2018.4)
http://minori.aapa.jp/2018/04/45-7-ci12.html

第二回「Touch」コンタクト・インプロ・フェスティバル(中国/北京・上海)レポート(2018.10)
https://note.com/aapa/n/n6043e7936612

第八回「Water&Land」コンタクト・インプロ・フェスティバル(タイ/チャン島)レポート(2019.3)
https://note.com/aapa/n/nf4459f255ec3