ダンサー対象ワークショップ

ダンサーが「自身の身体ワークやムーブメント」を共有することを目指して行う、ダンス経験者を対象にしたプログラムです。

コンテンポラリーダンスは、既存のテクニックやスタイルに縛られずに、ダンサーそれぞれが独自のムーブメントを深めていくジャンルです。
そのため、各公演のプロジェクトや創作活動に比重が置かれ、基礎になるテクニックの部分が共有されないまま進まざるを得ない状況に立たされる現場も数多く、長年に渡り気にかけていました。

このワークショップでは、個々が感じている課題や疑問を共有しながら、ダンサーとして必要になる「表現を支える基礎力の向上」や「日々のからだのケア」に貢献するプログラムを、行っていきます。

参加者募集中のワークショップ
(事前予約制)

■永井美里ワークショップ

「ボディワークからダンスへ」をキーワードに、個々のからだ・動きの連動性を深めることを目的とした「①基礎ワーク」と、一連の動きのフレーズを踊り、からだと振りのつながりを見ていく「②振付ワーク」を行います。ワークショップの最後には、それぞれが感じている課題や学びたいと思うことを対話を交えながら共有し、次回の内容へとつなげていきます。

講師プロフィール参加予約

開催日:各月の参加希望者と相談しながらカレンダーに更新しています。
■10-11月(10/26更新)
10/30(土) 16時半~18時半
11/6(土)15時半~17時半
11/20(土)15時半~17時半
11/21(日)11時~13時
11/28(日)16時半~18時半

はじめて参加する方はお気軽にお問合せください。
定員:各回3名
料金:各回2500円 ※1回~参加可能です。

スタジオクラス・ワークショップに参加する際は以下ご案内をご確認ください。
感染予防対策に関するご案内

過去のワークショップ例

2014.6 Peggy Baker Dance Project レパートリーワークショップ(講師:森本沙原)
http://minori.aapa.jp/2014/05/wspeggy-baker-dance-project.html

2018.4 カイ・トミオカ ムーブメントワークショップ
http://minori.aapa.jp/2018/04/ws429.html

2018.3-12 加賀爪智子ワークショップ「フロアーワーク」
http://minori.aapa.jp/2018/08/ws98-18.html